月別アーカイブ: 2015年12月

被災地への手紙

3年前の今頃は、石巻の仮設住宅に泊めていただいて、年越しライブをやっておりました。住んでいた横浜のアパートを引き払い、最小限の荷物を信楽に送って、東北に向かいました。今はなかなか行くことはできなくなりましたが、被災地の方々に何が欲しいか、と伺うと、皆さん、欲しいものはいっぱいあるけれど、一番欲しいのは、忘れないでほしい・・・と。私ができるのは歌い続けること・・・♪いつまでも忘れない あの日のことを忘れない いつまでも一緒だよ あなたは私・・・。もうすぐ2016年の幕開け。さあ、元気で歩き出しましょう。

きょうの夕食は9人で。

横浜の娘が孫2人を連れてお悔やみに来てくれました。3年前、突然兄と二人の姉ができて喜んでいたのですが、悲しい別れとなりました。でも子供はたくましい。孫たちは信楽の自然を散策し、次女の息子と3人で遊園地でキャッキャと遊びまわり、水族館のイルカショーを一緒に楽しみました。にぎやかな方が大好きな家族です。関西方面に来られることがありましたら、ご一報を。

息子の忘年会

19日は息子が「ハンガーアップ」の仕事を頑張っているクリーニング会社の忘年会。2週間も前から楽しみにし、障がい者の仲間も4人全員が参加。終わってからもう4日もたつのに、楽しかった。楽しかった・・・と。日本中がこんな会社ばかりだったらどんなにいいだろうか、と思います。私は20,21、22、連続ライブで今年の演奏はおしまい。来年の予約は17日からです。日曜日ソフトボールの練習がなければ、息子はアコをしょって運んでくれます。

心機一転ブログ再開

長らくご無沙汰いたしました。「老後の面倒は私が見る、父さんとけんかしたら、いつでもうちへどうぞ」、なんてかわいいことを言ってくれていた夫の次女・・・行動的で笑い顔がよく似合う娘が、11月24日先に逝ってしまったのです。2年間、映画やコンサートや食べ歩きや気功など一緒に動き回り、滋賀、京都、大阪、東京の治療につきあいました。緩和病棟には連日大勢の教師仲間が、学生時代の友達が、親戚の皆さんが来てくださいました。痛みに耐えていた分はっきりした意識があり、お見舞いに来てくださった方が逆に励まされた・・・と。私も強く生きていきます。休んでいたレッスンやブログを再開させていただき、我が家の笑かし係も務めます。