月別アーカイブ: 2013年9月

しゃべり場

我が家で初めてのしゃべり場。日ごろから近所で何かとお世話になっている方たちと、あらためてしゃべると、出るわ出るわ。台風被害のこと、信楽鉄道のこと、医療のこと、原発のことなどなど・・・お茶とお菓子だけで10時になりました。選挙でなくても呼びかけて欲しいとのことでした。13人中女性は私だけ。次回は母ちゃんたちのしゃべり場を持ちたいですね。

第1回コンサート実行委員会

私のコンサートのために、お寺の住職さん、婦人団体や退職教職員の会の役員さんをはじめ忙しい中7人も集まってくださいました。私を育ててくれた「教え子」も来てくれて、平均年齢を下げてくれました。私の思いを聞いていただいただけでなく、来てくださった方たちも、私との思い出、夫との関わり、私のこれまでのライブの感想など語ってくださいました。これからの3か月,皆さんの思いに支えられて、わくわくしながら舞台を準備したいと思います。よろしくお願いします。

変換 ~ 12・21チラシ

我が家のお客様

川崎から、17日に来られてゴルフをやる予定のご夫婦は、台風の影響で延期。きのうはキャンピングカー仕立ての車で、新婚旅行の若者が遊びに来てくれました。夫の友人の陶芸作家の工房に案内したり、登り窯を一緒に見学しました。28日土曜日は近所の方をお招きして、私のコンサートと小西議員との語る会。皆様お待ちしています。

水口ばやし2日間

準備された皆さん、教えてくださった八妙会の皆さんありがとうございました。87名の参加者の皆さんと共に、水口ばやしを堪能しました。フィナーレは全員で延々と演奏。ハイテンション、ハイスピード・・・教わった締め太鼓はとてもついて行けず、写真を撮ったり、ついに最後は笛を吹いていました。若者と一緒に太鼓をたたき続けたこともすごいけれど、2日間片道45分の距離を一人で車で通ったんですよ。すごい!今年で20回目を迎えた講習会。1年休んで再来年再開校の予定だそうです。グループを持たない私ですが、2年間精進してまた参加するつもりです。

20130922164030

水口ばやし全国講習会

甲賀市に住む私としては、同じ市内の水口町。先日土山の鈴鹿馬子唄は聴きに行くだけでしたが、今度は講習会に参加させてもらいます。9月21日と22日の2日間、おはやしに浸って地元のリズムを身体にしみこませたい、と張り切っています。締め太鼓の初級にエントリーしました。自由にならない左手を意識的に動かして、この日を楽しみに待っています。

無事です。

早朝お隣からTEL.。高い方に避難するよう連絡をくださったのです。飛び出すと前の道路が川となり激しく流れていました。ガレージと小屋に浸水。幸いみるみるうちに水が引きましたが、橋も流れ、大きなトラックが立ち往生していました。土砂崩れで宇治田原方面通行禁止。信楽方面もスーパーなどが冠水。一番近いコンビニに行った方が、商品が売り切れてもうなかったとのこと。きょうは水をかぶったじゃがいもをいっぱい使ったカレーライス。肉を買いに行けなかったので、缶詰のコーンとツナとウインナー入り。午後から水害の後始末、晴れて助かりました。泥だらけのごみ袋をまずは7つ出しました。ご心配おかけしました。

変換 ~ DSCF2854 変換 ~ DSCF2853

睡眠時無呼吸症候群②

CPAP療法でマスクをつけて寝るようになって、ちょうどひと月たちました。マスクが不快でないというと嘘になりますが、実際1時間に20回以上あった無(低)呼吸が、8回余りに激減。はずせば元通りということで使い続けますが、朝から眠気なく快調な日々を送れて、ただただ機械と皆様に感謝です。公表して以降、「私の弟も」、「僕の友人も」・・・。さらに機械を持って泊まりに来られた方もありました。自分も検査してみようかしら?という方も何人もおられます。寝る前でなく夕方少しならいい、とお医者様に言われたお酒も断ってからひと月。おかげさまで、突然夜出かける夫を車で送ることができました。一緒に飲むのを楽しみにしておられたみなさん引き戻さないでね。

愛と平和のコンサート②

山口県からTEL。「教え子」が観に来てくれるそうです。秋田からTEL。クラリネットを吹く友人が行けるかも?と。金沢の友人にもかなうなら1曲。その日都合が悪いということも含め、何人かの友人が連絡をくれました。ありがとうございます。どうしたら皆さんに喜んでいただけるか?毎日舞台の流れをシミュレーションしています。私の生きざまをぶつけたい!新しい歌は生まれるだろうか?

「標的の村」 京都シネマにて

ドキュメントです。事実です。ベトナム村が作られ、ベトナム人役をやらされたという沖縄の人々。強い国が弱い村人を訴えた裁判。特に沖縄の警官が沖縄の座り込んだ人々を排除するシーンには、胸が痛くなりました。でも、げんさんの6人の子供たちのあどけなさ、たくましさ、座り込みの中で歌われた安里屋ユンタが心にしみました。先日お会いしたある方が「富士演習場見学のツアー3万人の一人として参加して、すばらしかった」と・・・その方にも是非見ていただきたい映画でした。滋賀県にもオスプレイがやってきます。

愛と平和のコンサート

12月21日、京都府八幡市文化センター小ホールをお借りすることができました。教師生活3年間を過ごした大切な思い出の地。ご迷惑ご心配をおかけした皆様、またまたお世話になります。巷ではクリスマスソングが流れている時期ではありますが、あえてクリスマスの歌はなし。愛と平和のコンサートと題し、私の日ごろの思いを聴いていただければ幸いです。成長した?私の舞台をお楽しみください。

12・21コンサートチラシ